地域型住宅グリーン化事業の補助金(最大190万円)

 | 

 

概要

中小工務店や流通事業者、建築士などがグループを構築し、木造の長期優良住宅やZEHなどを建築する取り組みに対して支援する制度です。

国道交通省が採択する,優れた提案を提出したグループが供給する住宅に対して、補助が行われます。

地域材利用や三世代同居対応で最大190万円まで補助がおこなわれます。

 

▼それぞれの詳細は以下の通りです。


事業の趣旨
本事業は、地域における木造住宅生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、中小住宅生
産者等が、他の中小住宅生産者や木材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)
を構築して省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・木造建築物の整備及び木造住宅の
省エネ改修を促進し、これと併せて行う三世代同居への対応等に対して支援を行うことにより
(1)地域の中小住宅生産者等が供給する住宅に関する消費者の信頼性の向上
(2)関連産業の多い、地域の木造住宅市場の振興による地域経済の活性化
(3)地域の住文化の継承及び街並みの整備
(4)地域の林業・木材産業関連事業者と住宅生産関連事業者との連携構築を通じた、木材利
   用量の増加及び森林・林業の再生
(5)住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上
(6)子育てを家族で支え合える三世代同居など複数世帯の同居がしやすい環境づくり
   を目指すものです。

転載:地域型住宅グリーン化事業評価事務局

http://chiiki-grn.jp/H31/application/tabid/193/index.php

 


申請の流れ

グループ提案が採択されると、交付申請を行うことができます。

実際に申請を行うのは事業者ですが、大まかな流れをご紹介します。

   参考:地域型住宅グリーン化事業評価事務局

http://chiiki-grn.jp/H31/application/tabid/193/index.php


スケジュール

全体のスケジュールの目安は以下の通りです。

スケジュールは変更になる可能性があります。

▼最新の情報は下記リンクからご確認ください。

地域型住宅グリーン化事業評価事務局

http://chiiki-grn.jp/H31/application/tabid/193/index.php


補助金の還元