九州版

住宅業界の現実

建築会社が絶対忘れてはならない経営の根幹である「製造責任」。 今、日本の家づくり全体が、本質的な品質管理という常識を置き去りにしていないでしょうか? ローンを抱え、家づくりを夢見るユーザー様の気持ちを考えれば、「施工品質」という経営的使命だけは絶対にクリアしなければなりません。 製造責任者としてどんなことがあっても、品質にかかるコストを経費ではなく原価と考え、日々改善の現場風土を根付かせることがこれからの地域産業の命題なのです。 実際、第三者機関のリサーチ結果からも、具体的な品質基準すら定められて いない企業が全体の約86%を占め、仮に定められている企業であっても、すべての建築現場にその品質基準を徹底して遵守させる仕組みと実践を繰り返している企業は、たったの3%弱なのです。 すみやす家は、第三者機関の品質監査を通じて現場監督の教育や職人様の求心力強化を一環しながら、地域のつくり手の健全な現場風土を構築し、根付かせる取り組みを行います。

※1 万が一、その家を売る場合、検査報告書などの施工履歴があると、購入者が安心し高く売れる可能性があります。

建築基準法や瑕疵担保責任保険の法的基準として定められている領域はごくわずかしか決まっていません。最低限の法令を守ることはもちろん、まず自社の施工基準を構築し、各々の会社が目指す品質指針に沿って、人的裁量にゆだねない一定の品質基準をしっかり共有することができます。

第三者監査は、第三者の視点で自社監査が適切に行われ、自社の基準と適合しているかを再チェックし、品質をしっかり裏付ける役割となります。また、品質向上につなげる為の要因や傾向までを分析し、確実に品質を安定させていきます。

【10回の重要な監査タイミング】