住まいの換気の目的

建築基準法の換気

2003年に改正された建築基準法により24時間換気が義務付けられました。住宅の場合原則として、1時間に換気回数0.5回以上(2時間に1回、家の中の空気が入れ替わる換気量)の換気設備の設置が必要です。 これは新築住宅に使用される建材・塗料などから発生する化学物質の影響を受け、人に健康被害が及ぶことを防ぐための法律で、シックハウス法とも呼ばれています。 換気経路にないトイレ・物置・小屋裏等の居室以外の部分は必要換気量の計算から省いても良いとされています。 すなわち建築基準法の換気計算はクリアしていたとしても、換気本来の目的を考えれば不十分な換気計画の場合もあります。

建築基準法では、換気経路から小屋裏・ 床下・物入等は省いてもOKです。

小屋裏から床下まで、家全体を換気し、 汚染された空気を滞留させません。

換気方式の種類

換気方式の種類

※給気する空気が、排気する熱のみを回収、 水蒸気は排出する。

※給気する空気が、排気する熱のみでなく、 水蒸気も回収する。

給気する乾燥した空気が、排気する水蒸気を回収する

給気する湿度の高い空気が、排気する水蒸気を回収する

換気設計のポイント

住む人や住み方によって、適した換気種類や換気装置は異なります。給気口や排気口の位置及び換気経路の設計手法も変わってきます。汚れた・湿った・臭いのある空気が、居室に逆流しない換気経路。これを間違えると、住み心地の悪い不健康な家になりかねません。

花粉・黄砂・PM2.5対策

※高気密でないと、高性能フィルターの意味がない。 給気口以外から侵入するので。