開口部

開口部とは、住宅の壁や屋根などに設けられた、主に窓や出入り口のことです。屋外に面して光を透過する素材(ガラスなど)のものか、開放できるものをいいリビングや居室の窓、天窓、玄関や室内ドアなどをいい、採光、換気、通風、通行、眺望などの役目を果たします。

視線が外に抜けるように、窓の位置にも配慮することで解放感が生まれます。例えば、リビングに大きな窓を設けて眺望を楽しんだり、密集地でも視界の広がりを感じることができます。その際は隣家との距離や視線を考慮して開口部の位置や高さを工夫するなど、室内からの視界、外部からの視線なども考慮することが大切です。


また、出入口として使用する開口部は、開閉に必要なスペースや開閉時の安全性なども考慮されます。
隣家の視線が気になるような際どい隙間に窓を設置する場合などは、天井近くに付けるハイサイドライトや、床ギリギリの地窓などを活用することもおすすめです。

窓以外にも、開口部として有効的なのは吹き抜けです。
吹き抜けをつくり、その天井部に天窓を設けることで部屋全体へ光を届けます。
その際、吹き抜けリビングは縦に大きな空間で、熱い空気は上層に、冷たい空気は下層にたまりやすいため、シーリングファン等を設置し、夏は上層の熱い空気を上手に抜くしかけを、冬は温まった空気を下層に回すしかけを施しておけば暑さ寒さを感じることがありません。


その他、吹き抜けの上部、もしくはロフト上部といった熱い空気がたまりやすい場所に開閉できる天窓やドーマーを設ければ、夏のあの滅入るような暑さを経験することもほとんどありません。

しかしながら、それらの配置の仕方や大きさによっては建物の躯体の強度に影響を及ぼすことがあり、その断熱性によっては冷暖房効率や、住宅内の温熱環境に違いが出ることがあります。

この窓からの熱ロスを防ぐためには、熱を逃がさない工夫を施したトリプルガラスや、ペアガラスを導入することもおすすめです。これらは通常のガラス1枚のサッシと異なり、2~3枚のガラスの中に特殊なガスを封入するなどの工夫によって、外気と室内の温度が急激な変化を低減します。
夏の暑さが気になる場合は、ガラスの表面に金属膜加工を施した低放射のLow-Eガラスも、赤外線や紫外線を反射し、真夏の(特に西側の部屋の)暑さを軽減することができます。


金属のサッシもまた、熱を伝える働きが大きいことで知られています。冬の寒い日、夏の暑い日、空調によって外気温と室温が大きくかけ離れてしまったときに生じる結露を目にするのは、ガラス部分のみならず金属サッシの部分でもあります。


この部分を樹脂製に変えることで、熱をやり取りする働きを大きく低減します。例えば、樹脂製サッシのペアガラスと、従来型のサッシ窓との比較をしたとき、熱の逃げにくさは4倍にもなるといいます。確かにコストはかかりますが、建築後にかかる空調のランニングコストを考え長い目で見たときには押さえるべきポイントです。