結露

家が腐ってしまう最大の要因が「結露」といわれています。この結露のもとになるのが、水蒸気です。
空気中には、水蒸気が含まれています。空気は高い温度の時ほど多く水蒸気を含むことができます。気温によって、含むことができる最大の水蒸気の量がきまります。この最大の水蒸気の量を「飽和水蒸気量」といいます。飽和水蒸気量に対して、それぞれの温度で実際に存在する水蒸気(絶対湿度)の割合を「相対湿度」とよび、天気予報で使われる湿度はこの相対湿度のことを言います。


気温が下がったときに、暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ、もともとあった空気中の水蒸気が、その下がった気温の飽和水蒸気量を超えると、余分な水蒸気が水滴に変わります。
例えば、グラスに冷えたビールを注いだ瞬間に水滴が付着することがあると思います。これも飽和水蒸気量を超えた現象です。
結露は温度と水蒸気の量のバランスで発生するのです。


水蒸気は人には見えない非常に小さな物質で、障子・襖紙・合板及び繊維系断熱材などは通過し、量が多いほうから少ない方へ動き、押入や壁の中・その他あらゆるところに入り込みます。これが結露の原因となります。
結露には、発生する場所によって、表面結露と、内部結露の2種類があります。

 

窓ガラスが曇ったり、水滴が付いたりするのが、“表面結露”です。これはぜんそくやアレルギーの一因、カビやダニの発生原因ともなります。さらに、カビの胞子やダニの死骸やフンがぜんそくやアレルギーの一因ともいわれ、健康にも大きな影響を及ぼします。


表面結露に対して、壁の中や人には見えないところで発生する結露を“内部結露”といいます。室内の暖かい空気が壁(断熱材)の内部に侵入し、水蒸気を含むことができる限界の温度を下回った場所で発生します。厄介なのは、カビが表に出てくるまで結露に気づかないことです。この状態が長引くと、柱や土台を腐らせる原因となります。


そのため、住宅の品質確保促進法では主な構造材の瑕疵(欠陥)について、10年以内であれば施工者の責任で補修する義務を定めています。これには結露を原因とする瑕疵も含まれます。

 

また、結露は、冬だけでなく、実は夏も発生するのはご存知でしょうか。
逆転結露と呼ばれ、夏型結露ともいいます。結露の発生する場所が冬と逆になり、例えば、夏、冷房をかけると室内の水蒸気は減少し、湿った外気は室内に入ろうとします。冷房で冷やされた壁内に外の湿気た空気が入り込んで、結露が発生するケースです。


逆転結露は冬の結露に比べれば量的に少ないので、あまり問題ないという説もありますが、夏は気温が高いのでカビ・ダニ・腐朽菌が活発になるという点で注意が必要です。また、基礎コンクリートが夜になって冷やされて、そこで結露が発生して土台が腐食するという可能性もあります。

 

住宅の室内表面で起きる表面結露は健康被害をもたらすため、住まい方も含めた結露防止対策が必要となりますし、住宅の構造体(屋根・壁・床下)の中で起きる内部結露は建物の強度・耐久性に甚大な被害をもたらします。


結露による劣化は住宅の資産価値低下につながるため、設計側も、住む側も対策が必要です。住まいの対策としては、内断熱や外断熱を取り入れることです。
内断熱の場合、気密シート(ベーパーバリア)等で水蒸気を壁の中に入れない方法と、壁の中に侵入した水蒸気を外に逃がす構造にする方法があります。しかし、施工が非常に難しいのが現実です。また温度差のある部屋間の壁内での結露の可能性は残ります。


外断熱の場合、断熱材の内側(室内側)では、温度低下がほとんど発生しないのと、また居室間の温度差も少ないので内部結露に対しては有利です。気密層と断熱層が壁の外にあるので、水蒸気が侵入しにくい構造となっています。 従って、逆転結露に対しても有利です。しかし、熱橋(ヒートブリッジ)や断熱欠損があれば、結露の発生は高まります。気密工事や換気計画も含めて、正しい施工が必要です。

他にコストを掛けることも大切ですが、結露しないのための性能向上にも目を向け、快適な住まいを是非手に入れて下さい。