断熱

断熱とは字のごとく「熱」を「断」つこと、つまり住宅の室内と室外の熱移動を遮断して外気温が室内に伝わりにくくすることです。
例えば、冬に暖房をかけ停止後、数時間経つと、また寒い状態に戻っていたり、逆も同様に、夏に冷房をかけ停止後に、数時間断つとまた暑い状態に戻っている場合、温めた空気や、冷やした空気が外に逃げてしまっているので、断熱化できていない状態です。

 

かつての住宅は、建売(分譲)住宅でも、注文住宅でも、あまり断熱化がなされていませんでした。
熱が遮断されていないので、外が熱いと、家の中も熱い、外が寒いと、家の中も寒いということになります。
そのため、部屋を冷暖房でガンガンに冷やしたり、暖めなければなりません。


特に夏場は、室内でも昼間の気温の上昇や、夜になっても気温が下がらず、熱中症になる危険性があがり、冬場は、風呂場は寒く、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こす原因の1つであるヒートショックが起こりやすく、場合によっては亡くなられることも。

 

そのため、熱の移動を断つことにより、夏の強烈な日差しや冬の凍える寒さをシャットアウトし、夏は熱が入らずに涼しい家に、冬は熱が逃げずに暖かい家になります。
さらに、少しの冷暖房エネルギーで室内を快適な温度に保てるため、節電や地球温暖化対策にもつながります。

 

また、断熱が不十分だと冷暖房効率が下がるだけでなく、内部結露で建築物が傷みやすくなるなどの弊害も起こります。
内部結露は、室内の水蒸気が壁の内側などに入り込んで発生するため気付きにくく、ふき取ることもできないため、そのまま放っておくと、住宅の土台の構造材や外壁までも腐らせる大きな被害をもたらすこととなるのです。

 

断熱施工についても、熱伝導率の低い断熱材を床・壁・天井などに隙間なく施工し気密性を保つことが重要です。
また、開口部材にも断熱性の高いものを使用します。たとえば、窓ガラスに複層ガラスなどの熱を伝えにくいものを使用します。
見えない箇所を手抜きなく行うことが、「夏涼しく、冬暖かい」住宅を実現する基準となります。