換気

昔の住宅は気密性が低く木や紙が使われ、すき間も多かったため、隙間風によって1時間あたり1~2回は自然に換気ができていました。そのため、トイレやキッチンなど以外では、換気不足による室内空気汚染が深刻な状態となることは、ほとんどありませんでした。
しかし、現代は新建材の普及に伴い、気密性や断熱性を高めた住まいのため、間取りによっては、リビングや寝室などの居室での換気不足が発生し、強制的に換気する必要があります。

また、健康の面からも、確実な計画換気が必要です。
近年急速に普及した新建材などに大量に含まれていたホルムアルデヒドなどの揮発性有害化学物質が、空気中に揮発することで引き起こされる症状、「シックハウス症候群(めまいや頭痛、のどの痛みなどを発症する)」が大きな社会問題となりました。


そのため、シックハウス対策として2003年7月に建築基準法が改正され、住宅への24時間換気の設置が義務付けられるようになりました。
高気密・高断熱の家は空気の汚れがこもるため、壁内の柱や土台などを傷める要因にもなります。さらに、水回りの湿気やカビやダニなどの微生物などの空気中に舞うハウスダストを追い出す必要があります。

しかし、ただ窓を開けるだけでは、空気を入れ替えることはできません。室内からの排気と、室外からの給気の空気の流れを作り、セットで確実に行うことが換気の基本です。

換気の方法にもいくつかのタイプがあります。
給気も排気も機械動力により行う方式を第1種、給気を機械動力、排気を自然排気で行う方式を第2種、それとは反対に給気を自然給気、排気を機械動力で行う方式が第3種です。
第2種は、室内が正圧になり給気口にフィルターを組み込むことが可能なので清浄を保つことができますが、気密性能によっては湿気が壁内へ侵入し、内部結露の発生が懸念されます。
また、給気を自然給気で行う第3種の換気方式は、住宅気密性能によって給気量が変化してしまいます。自然給気口からの効率の良い給気は難しいのが現状です。


住まいの計画換気には第1種換気方式をおすすめします。

換気は汚れた空気を入れ替え、室内にこもった臭いも追い出すことができます。と住まいの健康のために、確実な計画換気が不可欠なのです。