床断熱と基礎断熱

床下断熱は、一階床下の全面に断熱材を取り付けて、床下空間からの暖気や冷機の影響を受けないようにする工法を言い最もポピュラーな断熱方法です。一般的に基礎上部に基礎パッキンを設けて通気を確保しますので、床下は外部と同じ環境になります。
基礎断熱とは、床下空間も室内空間のひとつと考え、基礎のコンクリート自体を断熱材で覆い、コンクリートに熱が伝わりにくくして、床下空間を暖かく保ち、床から暖める工法を言います。

今建築されている住宅の内の、9割以上は床断熱です。1階床組みの根太や大引きの間に発泡プラスチック系の断熱材を入れて、床下の断熱材より下には外気が流れます。
最近は24時間換気が義務付けられているので、居室は負圧となり、寒い冬は床下の冷気の影響で床が冷たくなります。

一方基礎断熱基礎の外周だけで気密化すればいいので、床断熱よりも圧倒的に気密施工が容易です。一年を通して地中の温度は一定で、冬は外気より暖かく、夏は外気より涼しく、
基礎断熱であれば、床下が地熱の影響を受けるので、冷暖房の負荷を低減させる効果が得られます。
さらに、床下が室内と同じ環境になるので、冬場に床下にある水道管が凍結しにくくなります。

基礎断熱は2種類あり、基礎の外側に断熱材を施工する工法の基礎外断熱と、基礎の内側に断熱材を施工する工法の基礎内断熱です。どちらも床下はほぼ室内と同じ環境になるので、寒い冬でも床が冷たく感じません。

基礎内断熱は、建物外周部の基礎コンクリートは、外の環境に同化されます。柱と基礎を緊結するホールダウン金物や、土台と基礎天端を緊結するアンカーボルトが、熱橋(ヒートブリッジ/外壁と内壁の間にある柱・梁などが熱を伝える現象)になるので、発泡ウレタンなどで処理する必要があります。
基礎外断熱は、建物外周部の基礎コンクリートは、室内の環境に同化され蓄熱されます。特にコンクリートは熱容量が大きいので床下の温熱環境は著しく向上します。
また、壁の断熱材と連続した気密層・断熱層が確保できるので、熱橋(ヒートブリッジ)が発生しません。

このように、床下断熱よりも基礎断熱、基礎内断熱よりも基礎外断熱がおすすめなのです。

しかし、特に基礎外断熱は『シロアリの被害』のリスクが高まります。断熱材と基礎コンクリートの間からのシロアリの侵入に気づきにくく、発見された時は被害がかなり進行している場合があります。
基礎外断熱を導入する際は、しっかりと白アリ対策が必要です。

また、コンクリートは建築してから2年ほどは湿気を放出します。基礎断熱の場合、その湿気により、床下で結露したりカビが発生する事が多々あります。
床下を24時間換気の換気経路に組み込むなどの湿気対策が必要です。