九州版

外断熱工法とは?

外断熱工法の家とは、構造躯体の外側をボード状の断熱材ですっぽりと包みこんだ、まるで魔法瓶のような住まいです。

冬は外の冷気を遮断し、家全体を一度暖めたらいつまでも暖かく…!

夏は外の熱気を遮断し、家全体を一度冷やしたらいつまでもひんやりと…!

居室から廊下・トイレ・浴室、さらに床下や小屋裏まで、ほとんど温度差がない、省エネで快適な家になります。
温度差が引き起こす、脳卒中などの『ヒートショック』の予防にも効果的です。

※木造住宅の場合『外断熱工法』→正式には『外張り断熱工法』『内断熱工法』→正式には『充填断熱工法』ですが、ここでは、『外断熱工法』及び『内断熱工法』と表現します。

※金物のヒートブリッジの例

こういった熱の移動が発生したところに、暖かく湿った空気が侵入し、急激に冷やされたときに、恐ろしい結露が発生することになるので、正しい施工が求められます。

断熱材の種類

遮熱について

夏は特に太陽からの強い熱線(輻射熱)の影響を受けます。 遮熱とは、その熱線を反射させること。アルミニウムは最も遮熱性能の高い素材です。 温熱計算では、冷房期の平均日射熱取得率であらわします。窓からの日射熱の取得が 最も大きいので窓ガラスの性能に最も左右されます。

夏季の外壁を想定した試験ではアルミ箔面材の効果により、貫流熱量が大幅に削減され、その 結果室内側の表面温度が1°C以上下がったことわかります(高性能ウレタンフォームの断熱性能 による効果も含まれています)。しかし、これらはアルミ箔の赤外線反射効果によるものなの で、夏季の遮熱効果はありますが断熱効果は期待できません。したがって断熱材はアルミ箔の 有無によらず所定の厚さを使用することが重要です。(遮熱材料は断熱材とは認められていません)

外断熱工法の長所

構造木材の外側にボード状断熱材を丁寧に施工することによって、『連続した断熱層』が容易に確保されます。 同時に『連続した気密層』が確保されます。外断熱工法は、面倒な防湿層の施工は不要です。 気密層の内側にある構造木材は、風雨や結露の影響を受けずに腐朽菌からも守られ、室内の環境に同化されます。 大量の構造木材が蓄熱材となり、さらに基礎外断熱の場合、基礎コンクリートも大きな蓄熱材となり、 室内の温熱環境が著しく向上します。 このように、空気のみを冷暖房するのではなく、家全体をまること暖めたり冷やしたりするので、 冬は一度暖まればいつまでも暖かく、夏は一度ひんやりすればいつまでもひんやりとした、 省エネで快適な住まいが実現できるわけです。

【参考】内断熱工法とは

繊維系断熱材のグラスウールに代表されます。コストが最も抑えられることもあり、日本では最も普及してきました。

構造木材の外側にボード状断熱材を丁寧に施工することによって、『連続した断熱層』が容易に確保されます。同時に『連続した気密層』が確保されます。外断熱工法は、面倒な防湿層の施工は不要です。気密層の内側にある構造木材は、風雨や結露の影響を受けずに腐朽菌からも守られ、室内の環境に同化されます。大量の構造木材が蓄熱材となり、さらに基礎外断熱の場合、基礎コンクリートも大きな蓄熱材となり、室内の温熱環境が著しく向上します。このように、空気のみを冷暖房するのではなく、家全体をまること暖めたり冷やしたりするので、冬は一度暖まればいつまでも暖かく、夏は一度ひんやりすればいつまでもひんやりとした、省エネで快適な住まいが実現できるわけです。