全館空調システム

いろいろある全館空調システム

地球温暖化防止に向け、国の施策もあり、長期優良住宅・低炭素住宅・ゼロエネルギー住宅などの省エネ住宅が広まってきています。 最近では高気密・高断熱住宅が当たり前になり、住宅の性能で住まいを選ぶ時代になってきました。さらに快適で健康的な温熱・空気環境の住まいが求められています。 そこで注目を浴びているのが、『全館空調システム』です。空調機器1、2台で家全体の冷暖房をまかない、室内の温度差を極力少なくした住まいです。 といっても以下のようにいろいろな種類・タイプがあります。

一般的な住宅を対象としている。住宅の気密・断熱性能よりもシステム機器に頼るため、イニシャルコストもランニングコストも高い。

ハウスメーカーが自社の建物にあった独自のシステム。もともとの建物価格が高いのと、部屋ごとに温度設定できるなどの機能が充実しているため価格は高価。

断熱工法等のフランチャイズグループ等が開発したシステム。断熱工法・換気装置・空調機器の選定等の指定があるため価格は高い。自由度は少ない。

高性能な住まいづくりができる中小工務店が、自由な発想のもとに、一般的に普及されているルームエアコン・換気部材等を利用して構築するシステム。価格は安価。

すみやす家の全館空調の特徴

① 正しく設計施工された高気密・高断熱な住まいが前提条件…!

※連続した気密層・断熱層が確保され、ヒートブリッジや断熱欠損のない家。

② 家庭用ルームエアコン1、2台で家全体を全館空調…!

※高価な空調システムでなく、家電量販店に流通しているルームエアコンを利用。

③ 市場に流通しているDCモーター・ダクト等の換気部材を利用…!

※小屋裏・階間・床下などの空調室から、冷気・暖気を各部屋に移動させる技術。

④ 温度差がない・結露がない・きれいな空気の住まいが実現…!

※空調室からの冷気・暖気の流れと、24時間計画換気の給気と排気の流れの調和。

⑤ イニシャルコスト・ランニングコストが大幅に抑えられます…!

※高価な機器や部材は不要。冷暖房の電気代はおおむね1ヶ月で5,000円程度。

全館空調の注意点

① 建物の一定基準以上の気密性能・断熱性能が満たされ、連続した気密層・

  断熱層が確保された、ヒートブリッジや断熱欠損のない家であること!

② 24時間換気との関係。換気経路・換気方法・熱交換換気の採用の検討!

③ 空調室と周囲との温度差・換気不足による結露(夏型・冬型)に注意!

④ エアコンのリモコン・センサー位置・吹出口の位置・温度のバラツキ!

⑤ DCモーター・チャンバー・ダクト・ガラリ・通気口等の商材の選定!

⑥ 空調空気の送風方法・経路・風量・点検口の位置・ダクトスペースの確保!

⑦ ダクト長さ・曲がり等の圧損による風量不足及びダクト内の結露や汚染!

⑧ 空調室(エアコン設置位置)をどこにするか? エアコンの台数?

※空調室とその周囲との大きな温度差は、結露の原因になるので要注意!

※空調室が外部と接する場合も、結露の原因になるので要注意!

※1台のエアコンのみの場合、万一の故障時の対策!

※エアコンのメンテナンスと、将来の交換工事の容易さ!

全館空調の住まい方・・!

① 冷房時・暖房時のエアコンは、連続運転が基本!

エアコンは始動時の消費電力が大きく、安定期は消費電力は少なく(約10分の1)なります。 我慢してエアコンをこまめにオン・オフする方が、実は電気代が高くなります。 暑い(寒い)時・夜間等は、1~2度程度の微調整でOK。大幅な温度上下は負荷がかかります。数時間から一日程度の外出時、帰宅時の暑さ・寒さを考えると連続運転が快適です。 風呂上りや運動直後は扇風機が有効です。 極度な寒がりの方には蓄熱式オイルヒーターなど。

② 冷暖房時・梅雨、黄砂・花粉・PM2.5の時期は窓を開けない!

浴室・トイレ等の一部の窓だけの解放は、ショートサーキットをおこし換気計画が狂います。汚染空気が滞留するところが発生し、せっかくキレイな室内空気が汚染されます。

③ 燃焼系暖房器具や調理器具の利用は避ける!

石油ストーブやガス調理器具は、酸素を燃焼させ大量の水蒸気や有害物質を発生させます。 建築基準法の24時間計画換気の考え方では、これらを前提としていません。

④ 24時間計画換気やダクト式送風機の電源は切らない!

コンクリートは新築後数年、水蒸気を蒸散させています。建材からも科学物質が揮発しています。ダクト内の空気が動かないと結露発生のリスクが高まります。

⑤ 洗濯物は室内干し!布団は乾燥機や掃除機で!

全館空調の課題・・!

・居室ごとの温度調整

・風量調整 ・春・夏中間期の快適さの追求

・風呂上り時・個人の好みによる快適温度

・冷房時の多人数の来客時の室温調整

・梅雨・冷房時の多量の室内干し洗濯物

・乾燥期の湿度調整・加湿方法

・多湿期の湿度調整・除湿方法 

全館空調の空調室の位置

■最も冷暖房したい部屋(リビング等)に設置する普通の壁掛けエアコン方式。■エアコンのない部屋にDCモーターや送風機を利用して空調空気を移動させる。■温度差は大きいが結露のリスクは少ない。

■空調室の空間確保は容易だが、空調空気を各居室に送るダクトの量が多くなる。■風量が十分であれば温度差は少ない。■真夏、屋根断熱が弱ければ空調室周りが高温になり、結露発生のリスクが高まる。

■空調室の空間及び階間のダクトスペースの空間確保が難しい。

■1階の床下空間に空調空気を送るか?排気経路にするか? 

■夏冬のバランスはとりやすい。

■床下全体が空調室となるので、暖房期は床からの輻射熱で快適。

■冷房期に2階に冷気を送るには、相当の風量が必要になる。

■夏用のエアコンを2階に設置するのも良い。

すみやす家『お客様登録』のご案内

すみやす家では、会員工務店に対して断熱工法等について制限を設けていません。 断熱材・サッシ・換気装置や空調機器についても推奨部材はありますが、これについても特に制限は設けていません。 それぞれの工務店にとって最も得意な工法で、また入手が容易な建材を利用して建築できるので、余計なコストアップになることはありません。

ただし一定の断熱性能・気密性能は確保して頂きます。気密測定は必須条件です。すみやす家に『お客様登録』されたお客様の案件に対しては、すみやす家本部において正しく設計・換気空調計画されているかなど、チェックします。また何か不安なときは、無料相談・面談相談・トラブル相談も可能です。 是非、ご登録ください。

すみやす家では全棟気密測定を行っております。